へそ思考の概要と活用

気がつけば,へそ思考の記事もずいぶんと多くなりました。
そこで,今回ちょっとだけ整理してみましょう。

へそ思考(H.E.S.O. Thinking)は,世の中に起こる様々な事象を大胆に3つの領域に分類するという手法を用いています。学術的にはそれを「現象」とか「事態」と表すことが多いようですが,簡単に言うと「あらゆる状態を捉える思考法」です。

そのコトを表すために考案したへそ思考ですが、例えばそれがモノ(物質的存在)であっても,それは何らかの仕組みによって編み出された素材であったり,何らかの工程を経て現存し得る物体(物質)としての体を整えた現象を確認できたり,それを感覚や態度などで理解しようとするわたしたちのこころであったりします。

私たちは解釈することで世界を把握しようとしますから,その解釈の仕方や思考の原理的な構造がへそ思考のように簡潔かつ明確であれば,様々な方向に転用や応用が可能です。

理論というのはともすれば詳細な部分にまで明確な説明を当て込もうとするが故に、逆に複雑になればなるほど明快さを失って結局は迷宮化してしまい,その複雑さ故に複雑なことを説明している気分になってしまいます。

でも,自然現象というのは複雑なことを自らが理解して,解釈して,遷移させている訳ではありません。非常に「単純」で「厳格」な仕組みによって編み出された現象であって,それは人が理解できる出来ないに関係なく,時間という抗えないうねりの中で推移していくのです。

そのような世界で生きるわたしたちひとりひとりの人生とは,悠久のほんの一瞬です。
その人生で起こる全てを理解しようとすること自体にはとても価値があると思いますが,理解できないという前提に立ってこそ,理解しようとする方向が見えるソクラテス的な「無知の知」の思考が大切です。

そしてその思考は自分の主観から出発すること。
デカルトから始まった「我思う故に我あり」で表された,まずは疑いようのない自分自身の存在から出発して,様々な確認や相互了解をとりつつ,共通項や差異を見つめ,外界と自分との関係を構築していく姿勢を大切にしたいと考えています。

そこにはひとりひとつの物語である「ナラティブ」が生まれます。

人は物語を紡ぐ際に,様々な事態に対して自分なりの意味や価値を見出そうとします。この行為は,その人が求める本質に近づくきっかけとなります。本質とは「対象となる状態それ自体」であり,その構成領域を「こころ・出来事・仕組み」と規定しています。

いろんな言葉を駆使して,自分の周りに起こる事象の解釈幅を広げ,繋がりや関わりを見つけながら自分の内なる世界と外界との理解を深めていこうとする思考法。

それがH.E.S.O. Thinking(へそ思考)です。

これがへそ思考に至る概要説明です。
やっぱりわかりにくいですよね。。。

 

さて,そのへそ思考を活用するためにテンプレートを準備しました。
前回の「不便を再考する2」で用いたファイルの文字を抜いただけです。

左上と中央には,あなたが見つめたい対象を代入してください。
対象とは、あなたが求めたい意味や価値です。

そして,その対象に関わると想定される「こころ・出来事・仕組み」を自分なりに考えてみるのです。
こころはあなたの感じる心情や態度です。
出来事はあなたが目にする状態(現象)です。
仕組みはそのためのルール(決まり事)として捉えてみてください。

実際に行った例が「不便を再考する2」に載せた4つの図です。

何を代入しても全く問題ありません。
現在直面している恋愛や進学や就職などの「出来事」でも構いませんし,未知の宇宙や幻影やあの世だって構いません。相対性理論などの「仕組み」を中央にはめ込んで,その実用度を探ることにも利用可能です。
いろんな使い方がありますが,基本的にはどのような「対象」であってもこの図の中央に置くことで,その本質を3つの領域から見つめ直すきっかけを得られます。

この思考の原理を用いれば理解不能な勧誘に出会ったり,戸惑う出来事に遭遇したりしても,その状態を中央に投げ入れて冷静に自分を見つめるきっかけを手に入れることが可能です。
こういった行為を客観視と呼ぶ人もいますが,実は客観視ではありません。客観視と呼べばそこに本来はあり得ない普遍性を探す行為が生まれますので,あくまでも主観で見つめるという行為なのだという風に自分の内に留めましょう。
あなたがあなたの価値基準で様々な検討をする,そのための思考法です。

この対象化によって、あなたは何らかの対象の意味や価値を求める行為である「固定化」を試みるわけですから、あなたが選んだ対象は静的要素(スタティック エレメント)に明確化させたい状態に置かれます。

その対象化された「事態」の周囲に配置されるのは「作用」です。
この作用とは動的要素(ダイナミック エレメント)のある状態です。
これは様々な想定が可能な状態ですから、ひとつの意味や価値に縛られるように固定化はされず、流動的な要素としていろんな動きが考えられます。こんなことやあんなことなど思いつく限りのこと以上に、想定外のことも作用として起きます。

例えば「恋愛」の場合を見つめてみましょう。
どんな心情や態度が表れると恋愛と呼べるのでしょうか。
どんな出来事があれば,それは恋愛と呼べるのでしょうか。
そこにはどんな仕組みが働いているのでしょうか。

心情や態度と出来事が組み合わさった時,あなたはどんな対応をするでしょうか。
心情や態度と仕組みが組み合わさった時,あなたはどんな理屈を練るでしょうか。
出来事と仕組みが組み合わさった時,どんな機能的な働きが起こるでしょうか。

これらをあなたなりに理解できる言葉で上記の図に代入していくのです。

対象としたい内容であれば,どんな状態でも可能です。
例えば「PDCAを回す」としてみましょう。
PDCAを回す前提にモチベーションが必要であることはご存じの通りです。そのモチベーションを維持するための「こころ・出来事・仕組み」を自分なりに考えていくのです。

また,周囲に起こった作用を改めて対象化し,中央に置くことも可能です。
そうすることで,思考に深まりが出る場合もありますし,堂々巡りを起こす場所を見つけることも可能です。

このように動的要素と静的要素を入れ替えながら思考することで,人はより深く思考できますし,堂々巡りを起こしますし,時にはひょんなきっかけでアイデアを思いつきます。ですからこれを応用すれば人工知能(AI)に活かせるのでは,と考えるのです。

カテゴリー: ことづくり生活 | へそ思考の概要と活用 はコメントを受け付けていません。

不便を再考する2

不便を再考する1の続きです。

川上先生とご一緒に不便益を研究されている平岡先生によると,不便と便利,益と害という2軸をつくり,象限分けをしてその説明がなされています。


平岡先生のサイトより

この象限分けについて研究者の間では基本原則のように多用されます。明快で解りやすさはあるのですが,H.E.S.O.思考的には対立軸的な考え方では必ず「あいだ」という悩ましい問題を内包してしまいますので,私としては基本的にその姿勢を採りません。
実際,勉強会に何度か参加させて頂いた際にも,何度もその「あいだ」をどうとらえるかの議論が起こっていたのを覚えています。

私の考案したへそ思考では,「あいだ」は共通項で結ばれる思考形態を採ります。
何故かというと,差異では差異同士の「あいだ」が曖昧だからです。そこには「あいだのあいだ」という無限に続く問いが発生する可能性があるのです。

例えば60点が合格ラインで59点は落第だとします。この「あいだ」には明確な違いがきちんと立証できるかと言われると,これは非常に難しくなります。
何故ならそれはその結論を導いた者の解釈に依るところが大きいからです。一定の水準を保つために「便宜上ボーダーを引いた」以上の根拠はなかなか出てきません。

こうやって考えていると,ふと,別の視点が見えてきました。
新たにへそ思考で【より深く】見つめる点が3つ見つかりました。

それは「差異・共通項・度合い」という3要素です。
そしてこの3要素が今後のH.E.S.O.思考における応用展開に,とても重要な役割を果たすように感じています。
例えばコンピュータによる知能を構成するためのAIです。

私は工学的な知識は素人ですが,へそ思考の3領域にこの3要素を組み合わせることで,より人間に近い知能を人工的につくりだすことが可能ではないかと考えています。

その話はいずれまた。

さて,不便益をもう少しじっくりとへそ思考で見つめてみたいと思い,2週間ほどかけてへそ思考の図に「便利」と「不便」,「益」と「害」の4つの本質(意味や価値など)を辞書を片手に探ってみたのが下の図です。

最初は不便の本質とはなにか,について。
それを「こころ・出来事・仕組み」の3領域と,交差して生まれる共通項である「空想・理念・機能」の3領域について見つめてみました。

心情では「面倒くせぇ」という煩わしさがあり,出来事では「何が起こるか解らん」という偶発的要素を内包し,仕組みでは「は?訳分からん」という理解しにくさがあるのではないかとの一定の結論に達しました。便利でも同様に考えてみると,相対的な構図になっていることが解りました。

ところが,益と害については,相対的な構図になっていないことが明らかになりました。改めて考えてみれば,確かに益の対義語は不利益ですし,害の対義語は無害ですね。
へそ思考で見つめると,出来事のみ対義語として一致しましたが,こころと仕組みについては一致しないという結論に達しました。

不便の本質に向かう事態

便利の本質に向かう事態

益の本質に向かう事態

害の本質に向かう事態

この図をつくったことで,不便と益の関連がより明確になった気がしています。

ちょっと整理してみましょう。
象限分けされていた分類に則って表現してみると以下のようになりそうです。

便利益「造作もないし潤いもある」
便利害「造作はないけど為にならない」
不便益「容易さがないけど潤いがある」
不便害「容易さがない上に為にならない」

上記それぞれに6×6通りの組み合わせがありますので,不便益については36通りの状態が想定されそうですね。

例えば,
厄介〜期待「煩わしさがあるけど夢が広がる」
乱雑〜志向「ごちゃごちゃしてるけど未来を思い描ける」
曖昧〜重宝「はっきりしていないけど役には立つ」
こういった組み合わせが36通りあるのです。

このように,H.E.S.O. Thinking(へそ思考)は,さまざまな対象の意味や価値を探り,その本質に迫る思考の原理として活用することが可能です。

次回はその図を元に「へそ思考の概要と利用」で,考え方の基本を説明しましょう。

カテゴリー: ことづくり生活 | 不便を再考する2 はコメントを受け付けていません。

へそ思考のモノ対応版

へそ思考はコトを見つめるために考案した思考の原理です。

様々な状態をビジュアル化しますので、これを応用すればモノにも対応できます。今回はその手法を簡単にお話ししましょう。

例えば新しい乗用車が欲しいとすれば、その車を「対象」として図の中心に代入します。

すると、欲しがる心情や態度、求めて狙う出来事、欲しい根拠に分けて、自分なりににその欲求を俯瞰するコトができます。

周囲に配置されるのは作用(期待したい状態など)です。

あなたの気持ちを言語化してくれますので改めて自分と向き合い、本当に必要か、どのくらいの頻度で利用するのか、費用対効果があるのかなどを検討するきっかけにもなります。

もっと深みを見つめたければ、その際に見つけた作用を中央に「引き寄せ(作用を対象化させ)」て、その3領域を見つめましょう。

夫婦でこれをやってみるのも良いでしょう。そうするとお互いに共通する部分と差異のある部分が明確になってきます。

欲しいか欲しくないかの議論は感情論です。感情論でぶつかり合うと、解決はなかなかに困難ですが、共通項と差異がわかれば、あとは「度合い」ですから、その部分のみに議論を深めて決定させればいいのです。

違いはあれど、こちらの度合いを大きくして採用する、という考え方です。

共通項が図れない場合にはこの「度合い」という考え方が大事になってきますが、これはこれ自身で完結しません。他の要素で相殺することも可能ですし、他の方法が思いつく場合もあります。

保留してしのげない場合に役立つ、度合いの要素も覚えておくと便利ですよ。

カテゴリー: ことづくり生活 | へそ思考のモノ対応版 はコメントを受け付けていません。

33th まなびあい勉強会

表現(美術など)からお互いに高め合う「まなびあい」。33回目の今回は、その根幹に関わる哲学領域から。
香川は文化圏(県)と言われますが、通底するのは豊かな生活を送りたい想いではないでしょうか。その、根っこにあたる哲学的な話題をまなびあう機会は、県内では意外と少ないと感じます。

昨年度は熊本大学の苫野一徳先生をお迎えした勉強会を実施したところ、とても好評でした。
今年度は桜美林大学講師の石川輝吉先生をお迎えして、「人それぞれ」という考え方を大切にするために必要な視点をご提供いただく予定です。
石川先生は哲学者カントのご研究をされている若手哲学者です。

難しく捉えられがちな哲学を平易な言葉で、みなさんの生活に落とし込んだ内容でお送りする予定です。
また、後半は参加者それぞれに感じたことや聞きたいことなどを自由にお話いただくフリーディスカッションや懇親会もあります。

この機会に生活を豊かにするためのあなた自身の「こと」として、普段はあまり考えることのない「人それぞれ」の根っこを一緒に考えてみませんか。

期日 2018年8月26日(日)
時間 13:30〜17:00 懇親会は18:00〜
募集人数 20名程度

勉強会主題「人それぞれが豊かさを享受できる世界との向き合いかた」
講師桜美林大学講師 石川輝吉氏

参加費 1500円
ゆかいスタイル会員まなびあい協力員1000円
※勉強会は参加者が講師をお招きするスタイルです。お支払い頂いた参加費は講師の交通費や謝礼となります。
懇親会費は別途(実費程度です)

みなさまの参加表明をお待ちしております。

カテゴリー: まなびあい | 33th まなびあい勉強会 はコメントを受け付けていません。

不便を再考する1

先月の29日,縁あって京都大学の川上浩司先生の不便益システム研究会で話題提供する機会を頂きました。
こういう機会を頂くと,改めて自分自身の考えをきちんとまとめることにつながります。本当にありがたいことです。

そこでは不便益について,工学的な立場ではなく人のこころや考え方感じ方などに寄った立場で話したのですが,そこで改めて考えたことを少しずつここでお披露目しようと思います。

私の立場は川上先生とは少々違っているようです。
これは私にとって非常に重要で,だからこそ様々な視点や気づきを得られるのだと思っています。

私は「不便益とは原理的にスタンス(姿勢や立場)であり,人の生き様(価値意識)に左右される。 便利で好都合なものを一般的に「技術・技」と呼ぶが,不便益とは幸福感を得るための合目的的な技である。 つまり不便益システムとは,具体化させた行動様式の提案によって心理的幸福感をかきたてる仕組みと考えられる。」の立場を取ります。

これは不便と益を分けても同様です。
原理的に,人は「事態」を理解するために解釈を重ねて認識を深めます。
どのような出来事も仕組みであっても,それ自体で本質足り得ないというのが,H.E.S.O. thinking の特徴です。
「出来事」や「仕組み」を見つめているのは私たちの「こころ」です。
人は解釈なしに理解できないのは周知の通りです。

ですからへそ思考的な考え方としては,不便益とは『あなたの必要性から生まれる行動様式のひとつ』 となります。

そこで質問を頂いたある先生からは,不便と益は分けて考えているとのことでした。なるほど,私は不便益というひとつの「システム」を意識してお話しさせて頂いたのですが,その方は両方のとらえ方を知りたかったのでしょうか。

伺っていると,不便とは「手間がかかって頭を使う」こと,との説明を頂きました。
確かに,手間がかかるのは不便です。でも手間がかかるというのは手数が増えるというだけではないようです。
例えばアナログオーディオシステムではボリュームやスイッチ類が多数か位置されたアンプやイコライザーなどがあります。これは「不便だけど益がある」事例には微妙に該当しないそうです。

これは私にとっては楽しい機材でも,機械音痴なうちの家族はだれも便利とは思わないでしょう。
ところが,時間を経るとそれが楽しくなる場合があります。
これは心の中での変化が,一つの出来事を解釈し直し,「手間をかけることの楽しさを知る」というふうになるわけです。その時はじめて「不便だけど益があるよね」という感想が生まれる状態が起きるのでしょう。

同じ事象であっても,時と場合と知識と経験と技術などによって解釈が変わるんですね。

また,不便に益を「期待」した時点で対象となる人の想いや解釈が山ほど詰まっている状態ですから,私にとっては分けても分けなくても求めている行為に変わりはないと思っていましたので,分けることで更に細かな分析的思考が深まり,新たな気づきや視点を頂くきっかけがあるのだと感じました。

また,期待していないけどできちゃった,というのは偶然性を意図していますが,これすら意図がないのではなく,曖昧であっても意図はあります。
「無意味の意味」に近い視点ですね。
偶然性と言うことでは,これもある先生から「プランド・ハップンスタンス理論」というのを教えて頂きました。

いろいろ考えていらっしゃる方がいるのだと,改めて実感しましたが,こうなると不便も益も,対象となる人のモチベーションレベルにその関係性が見られそうです。

そこで,京都から帰ってきていろいろと思案してみました。

そもそも,「困っている状態(不自由な状態)」があるから不便なのですが,不便に至る状態とはどのような区別が出来るのかを考えてみました。

ここでは出来事に不便を代入してみました。

そうすると,不親切と不適合という状態が見えてきました。

困った状態とは「不親切」で「不便」で「不適合」な状態が起こると,人は「さぁ困ったぞ,どうしようか」となるのではないかというのがこの図の考え方です。

当然,これは絶対的な正解ではありません。
どちらかというと,みなさんにこそいろいろ考えてみて欲しいのです。

自分ならどんな構図が考えられるか。
そうすることで,その先を考えるきっかけを得る可能性が開けてきます。

ぜひ,みなさんもH.E.S.O.思考で,いろいろと考えるきっかけを手に入れて頂ければ幸いです。

カテゴリー: ことづくり生活 | 不便を再考する1 はコメントを受け付けていません。

支援者を募集します

ことづくり生活研究会《支援者募集》

(財)さぬき生活文化振興財団では【あなたらしさのかたちづくり】を主要テーマとして,参加者それぞれが自分らしい『かたちのあらわれ』を見つめ,日常生活に豊かさを実感できるように様々な仕掛けを備えた全国で唯一の実践研究施設である,ことづくり生活研究会を運営しています。
本会の趣旨をご理解くださり,施設の維持管理等に支援をご協力頂ける個人・団体を募集しております。なお,ご支援を賜った個人・団体は賛助会員となります。
長期的な施設の継続と維持に,みなさまのご理解とご協力をお願いします。

※ その他,ご不明な点はお問い合わせください。

 

○調整支援:年度毎や集中的な支援
・寄付 年間10万円(1口単位)
付加条件:利用オプション全選択:無料講演1回

○一括支援:一定額による運営支援
・寄付50万円(5年間)
付加条件:利用オプション全選択:無料講演5回

・寄付100万円(10年間)
付加条件:利用オプション全選択:無料講演10回

・寄付500万円(永年)
付加条件:利用オプション全選択:講演回数等は協議

※講演時交通費等は応相談

 

参考:入会金、年会費、ともにベースの月額料金を全て加算すると約10万かかります。ご協力頂ける方には賛助への御礼として、代表者によることづくりもしくは美術によるきっかけづくりのセミナーを無料(回数は上記の通り)で実施いたします。

カテゴリー: ことづくり生活 | 支援者を募集します はコメントを受け付けていません。

32thまなびあい勉強会

先日行われたまなびあい勉強会についてまとめたレポートです。
どうぞご覧ください。
なお,次回33thまなびあい勉強会は8月下旬を予定しております。

第32回まなびあい勉強会 (2018年6月2日)
講師:群馬大学
教育学部 教授   茂木 一司 先生
インクルーシブなつながりを美術から

茂木先生は、全ての人が共存共栄する社会の実現に向け、インクルーシブアート教育を研究されています。inclusionとは直訳すると「含有、包含」で、「排除」を意味するexclusionの反対語であり、「全体」を意識している用語です。障害や高齢などを含めて全ての人が共生するインクルーシブな社会には、アートのような差異や多様性を前提に、それを活かし、それぞれの個性を調和させながら全体をつかむ統合的総合的な教育力が基礎になるべきではないか、とのお話をしてくださいました。

また、フラットで共に生きられる世の中にするための「アートのかたち」を探究し、バリアフリーなダンスワークショップ、まえばしアートスクール計画など、「心動かされる体験」の場を仕掛けているそうです。楽しい学びを作るためには、「何をやるか」ではなく、「誰とやるか」が大事である。考えてから動くという頭でっかちではなく、まず身体を動かしてみる。出来ることの量や質を問わず、それぞれの得意なことを分担する、など、先生が大事にされている姿勢を言葉で明確に示されたことが、印象に残っています。

勉強会の後半はワークショップが行われ、「アートとは何か」というテーマのもと、グループごとに話し合いました。
・自分が自分らしくいるために必要
・様々な価値観に触れることができる
・自分と外の世界をつなぐもの
・その瞬間、瞬間での人、自分と深くかかわるもの
・そこにあるものを見る、感じる、捉える感性そのものがアートであり、それが心を豊かにする
などの意見が出され、参加者から、「アートについて深く考える機会だった」、「アートの必要性が確認できた」、「価値についての広がりと深まりを感じた」などの感想をいただきました。

様々な立場の人たちが、各人の違いを認識しながら、それぞれの違いを強みとして、また、共通性を探しながら共に生きるということは、とても大事な社会のあり方だと思います。

翌日は善通寺市にある、独立行政法人 国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センターに見学に行き、当病院のホスピタルアートについて、アートディレクターの森さんよりお話を伺いました。エントランスにある小人の家、外壁画、病棟ごとの色使い、屋上庭園など、心温まる仕掛けが盛りだくさん!患者さんを想ってこそ、スタッフの仕事のしやすさを想ってこそのアート、「思いやりがかたちになっているアート」を目の当たりにし、これこそインクルーシブアートなのではないかと感じました。

カテゴリー: まなびあい | 32thまなびあい勉強会 はコメントを受け付けていません。

V2Hで護る生活環境

「ともにスタイル」では、菜園から調理という自家消費の流れに加えて環境問題にもその視点を提供する取組を行なっています。
それがフラクタルひよけ、太陽光発電などです。

写真はV2H「Vehicle to Home」の制御装置です。このユニットに電気自動車(LEAFなど)を接続することで、太陽光発電した電気を蓄え、施設配電盤への給電が可能になります。

他の太陽光発電と異なる唯一の特徴は、商用電源が落ちて停電した場合でも発電システムがダウンせず、蓄電池に蓄え続けることが出来るのです。

あまり知られていないのが意外ですが、通常の家庭にある太陽光発電では電力会社が停電すると使えません。基本的に売電(電力会社に発電した電気を売る)のためのシステムになっていて、発電した電気は電力側の電線に供給される仕組みになっています。
そして、室内に設置されている電力直流を交流に変換するコンバーターには、コンセントがひとつだけついていますが、これに接続できる電気製品は扇風機や小型TVぐらいが限界で、ヘアドライヤーや電気炊飯器など消費電力の大きな電気製品は使用できません。
ましてやうだるような暑さの中に置かれてもエアコン機器使用は論外です。

このシステムは、将来起こるであろう南海地震に備えて、電力会社からの給電が途絶えても晴れ間が現れる限りは自前で発電し、畑で採れる作物を食べ、飲料水は井戸水でしのぐなど、災害時の負担軽減設計を目指しています。

巨大なインフラを維持するためには巨額の費用が必要です。それは災害時には巨額費用と膨大な労力がないと、復旧が見込めないことを意味します。

大手に一括して任せば効率は良いかもしれませんが、いざという時に大変です。
これからの少子化社会では個人や小さなコミュニティ単位で自活することが求められると予想されます。

エネルギーを一切使わず地表温度を下げるフラクタル日よけと降り注ぐ太陽光をいざという時にも役立てるV2H。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: ことづくり生活, 事務局だより | V2Hで護る生活環境 はコメントを受け付けていません。

世界の捉え方と生き方と

ある本を読んでいて「生き方指南」は哲学書にはないとの記述に出会いました。

意外でしたが納得できるところもあります。

私たちが生きている「世界の捉え方」があって、生き方の分析はあってもこう生きなさいとは書いていないとか。そこには理論的な仕組みである観念論や存在論などが生み出されているそうです。
本質に向かう考え方のコツみたいな感じなのでしょうね。

世界には事実(出来事)を元にした「ほんとう」や「うそ」が入り混じっています。ただし、絶対的な決定打がないので、人は理論に触れて右往左往させられながら生きていると言えるかもしれません。

そういった全ての考え方感じ方などをシンプルに掴んでしまうためにへそ思考を考案しました。

私たちが暮らす生活の場にはモノが存在し、コトという「あらわれ(事態)」がひしめいていると考えます。これは世界の捉え方です。
このような世界に生きる私たちは、生まれると同時に死へ向かっていますから、その時間の過ごし方を志向したいと考えます。これは望ましい生き様を意識した生き方です。

どのような世界に生き、どのように生きるか。
その自分たちの生きている世界の捉え方が多くの哲学書に書かれている、ということらしいです。

では、未来志向の姿勢を活かせる生き方はどこかにあるのかと探してもなかなか出会えません。それは至極当然で、どこかにあるのではなく各個人の価値観に直結するからです。

生き方の具体的内容は一人一人違いますから「これが良い生き方だ」と言ったところで、他の人にとっては性格的や体力的などの多様な要素が加わるために、不適当な場合が往々にして起こります。なにしろ答えは常にその人の中にあるわけですからね。

表題のふたつは別の対象を捉えていますから、その内容説明は違うのが当然ですし、混同しないように気をつけなければいけない点でもあります。

どちらが先とか、どちらが大事かとかの問題ではありません。

世界を捉えた上で生き方を描く人もいるでしょうし、生き方を志向する過程で世界の捉え方を見つける人もいるでしょう。

世界の捉え方が見えても生き方の志向に直結するわけでもありませんし、その逆もまたしかり。

さて、ここまでの話をへそ思考的に見つめてみましょう。

世界の捉え方は枠組みという「仕組み」に向かう姿勢ですし、生き方は答えを探ろうとする過程の「出来事」を志向する姿勢ですから、向かっている方向が違うとわかります。その間には機能があります。これは仕組みから導かれる場合もありますし、出来事から見つかる場合もあります。
そしてそれらを私たちのこころが見つめています。時に感覚的に、時に感情に押し流され、思い込みやこだわりとも向き合いながら本質を探ろうとするのです。

そう。全てはあなたの心がけひとつだということが見えてきました。

たとえどのように世界を捉えても、どのような生き方を描いても、あなたが感じ考えそして行動することに変わりはありません。

答えは決して外にあるのではなく、自分自身の心に問い、自分なりに導き出した結論からかたちづくりの過程に身を置くこと。

あなた自身を大切にするために世界の捉え方があり、指標とする生き方(生き様が活かされるような日常生活)を送ることが大切だと思うのです。

難しいことをいっぱい並べましたが、結局のところ「あなたはあなたを大切にしている」とあなた自身が認め、周囲も認めてくれるような生活を送る姿勢には、きっと今は言葉にできなくても確実に世界を捉えているのでしょうし、人に誇れる生き様だって含まれているのだと思っています。

想いのかたち。
それを俯瞰する大切さ。

ことづくりの姿勢に込めた私の想いを少しはわかって頂けたなら幸いです。

カテゴリー: ことづくり生活 | 世界の捉え方と生き方と はコメントを受け付けていません。

あいだの見つめかた2

【真実はいつも3つ】

あいだの見つめかた1」の続きです。

これが正解、は概念の固定につながります。

固定化された基準があると、人はそれを足がかりとして安心します。それを更に一般化するための理論構築を通して、もっと安心できるかたちを求めます。

よりリアルに詳細に,具体化すればするほど矛盾を生じる場合もあります。それを避けるため,最終的な結論は相手に委ねるという手法もあります。

それが項目立てです。「〇〇の何箇条」は、迷う人たちを引きつける魅力的な言葉が並びます。私たちはその文言を受けて,大いに共感し時にはドキッとさせられながら、具体的対象としての項目だてから分析しようと試みます。
これらは心の安定に役立ちますが、多くを求めると思考停止の事態を起こします。
そこに答えを解決するきっかけはあってもあなたの悩みを全て網羅しているわけではありません。答えはあなた自身の自覚的な行為や行動の中に隠れているからです。

ビジネスで手段と目的を問う人がいます。それは手段であって目的ではない、とか、目的化している、とか。
これまでもお話ししたように,これではへそ思考において重要な要素である「解釈」が欠けていますから、二つだけを引き合いに議論してもなかなか話が進まないのは当然です。それどころかどちらかが折れるか諦めるかしないといけない状況に追い込まれる場合もしばしばでしょう。

手段や目的などは時と場合によって自在に入れ替わりますが、その解釈変更を行う柔軟さが大切だと,私は思うのです。

さて,ことづくりは想いや仕組みや出来事のかたちがからみあって次へと進むかたちをつくります。

へそ思考で見つめると,本質(意味や価値など)には常に3つの方向があると考えます。ですから人気アニメの名探偵コナンに登場する「真実はいつもひとつ」というセリフは「ん?そうなの?」となってしまいますよね。

これを簡単に言うと,真実って「ほんとうのコト」ですから【真実はいつも3つ】となります。

さて、何度もお話ししていますが、ものづくりは目に見える形を素材を用いて生み出しますが、ことづくりは心が見つめる想いをかたちづくります。

ものにこだわる方は、素材が構成する物質的な完成度や様式を見つめています。商品価値や独自性にはとても敏感です。
ことにこだわる方は、過程や充実感、自分自身の将来展望へつなげる方向を見つめているようです。

どちらが、ではありません。どちらも大切。
その、バランス感覚。

ものづくりに、ことづくりは【重要】です。
ことづくりに、ものづくりは【有効】です。

バランス感覚を保てているか、と自分を見つめる3つの視点。
そのベクトルを俯瞰すること。
そう。これがことづくりの基本姿勢です。

あなたの生活の中から、改めていろんなことを考えてみると、そうだと思い込んでしまっている固定概念があるかも知れません。
特に「〇〇すべき」と思っていることがあるとすれば、それこそ視点を変えるきっかけづくりの起点となります。
その固定概念を共通項探しによってはずしてみると、ちょこっと新しい視点が見つかって、ひょっとすればそこから別の方向が見えるかも知れませんね。

ぜひ、固定化した概念を意識して動かすことで、新しい気づきやきっかけを手に入れて、より良い生活を楽しんでください。

カテゴリー: ことづくり生活 | あいだの見つめかた2 はコメントを受け付けていません。