事業概要等について

事務局より

簡単ですが,さぬき生活文化振興財団の事業概要を作成しました。

生活と文化を緩やかにつなぐ

本来,生活と文化は密接につながっています。有史以来人々の生活の中から文化的構造が時代と共に生まれ,一定の形式化を伴って盛んになり,そしてまた別のかたちへと変化し続けています。

 当財団は美術教育的支援活動が起点であり美術領域における若手作家の支援等も行っておりますが,文化を楽しむとはゆとりがある人の特権ではなく全ての人が享受できる楽しみです。ところが日々の生活が物品消費や経済効率一辺倒になってしまうと,文化が生活とはかけ離れた遠いところのモノのように扱われる場面も多くなっています。
 例えば美術には作品というモノがありますが,それらを鑑賞して感じ取る想いは人それぞれです。確かに多くの知識や技術があれば楽しみ方にも幅が広がりますが,幼い子どもでも生活経験を活かして心豊かに感じ取るコトは十分に可能です。子どもにとっては日常に起こるコト全てが文化でもあり,ここにコトへの魅力があります。当財団ではそのコトについて深く考え実践する事業を展開しております。

 また,インターネット関連の,スマートフォンやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)も様々な便利や不便と共に益や害を抱えていますが,間違いなく文化の1領域であり目に見えないモノやコトの集合体でもあります。
 このようなモノやコト,文化と生活を分けて考える必要がないとの意見も一部にはあります。しかしながら一層の技術進歩と共に多様性や流動性や不確実性が増すと予想されるこれからの社会においては,ぼんやりと時代や流行に流されるよりも今の自分の立ち位置をきちんと確認しながら【自分がつくりあげる日常】の生活が重要だと考えています。

 その日常に自分が用いたい文化的な見方・感じ方・考え方を取り入れ,ささやかでも実感できる豊かさを大切にして欲しいとの想いを込め,当財団では様々な関係性が生み出す生活と文化のあいだを見つめ,それらを振興する立場となれるように考え方を整理しつつ試行的実践を重ねる活動を行っています。

会員制というかたちにこだわる

当財団の中心的な活動に,会員制の「ゆかいスタイル」があります。
 会員制の利点や問題点は様々ありますが,当財団では不特定多数の集まりよりも安心して施設利用できる登録制のかたちにこだわりました。ここで最も重視するコトとは参加者が主体的に行う活動です。
 基本は会員本人のみの利用です。会員本人が宿泊等で当財団施設に招待できるゲスト人数は4名まで。一般的なご家族構成や友人の集まりなどの,普通乗用車一台で乗り合わせてお越しになれる人数です。そして会員登録された方々が安心して施設や企画活動に参加し交流するために,まずは当財団の趣旨をご理解頂くところから始まります。

 ・生活スタイルをより良く改善し,追究する姿勢をもつこと
 ・文化活動に積極的に参加して,自己研鑽を図ること
 ・余暇を楽しみ,明日への活力を手に入れること
 ・自然に親しみ,環境を大切にする心情を養うこと
 ・家族や友人と過ごす時間を大切にすること
 ・さぬきから文化を発信できる,若い世代を育成すること
 ・本会の趣旨を理解する者同士で,仲間の輪を広げること

 設立以来,上記のような趣旨を大切にしながら効率追求的・消費誘導的な考え方からは少し距離を置いた社会教育的・生涯学習的な視点で活動を進めております。

 また,本会施設を利用した会員相互の活動については,規約に定めるとおりに会員自身の利益に繋がるような勧誘等はお断りしておりますが,ご自分の特技を活かして他の会員に愉しんでもらえるような工夫があれば特に制限はしておりません。
 会員が当該施設にあるモノや場を活用して会員対象のイベント(手芸教室や料理教室など)を実施するのは自由です。また,一般の方が参加するイベントも申請内容によっては可能です。
 思いつく様々な「こと」を具体的に考えて実践する場を,会員制というかたちで提供しています。そしてスタッフの役割は,提供者ではなく支援者としての振る舞いに徹するよう心がけています。

ことづくり生活とは【状態をつくる】生活

全国的に例のない,固定(対象)化による絶対的な状態ではなく常に流動(作用)的な状態を意識してつくる「ことづくり生活」は,人が『生きる・活きる』中でとても大切にしたい態度や姿勢なのですが,ほんの少し聞いただけではなかなか理解しにくく,また理解を得られにくい活動です。

 選択と集中や効果などを求める生活を長く続けていると,人はすぐにわかりやすさとか端的さを求めてしまいがちです。それによって対象の明確化は可能ですが,短絡化や集約化という半ば拘束的な状態が生まれ,発想や解釈域の幅を狭めてしまう可能性があります。そしてこのような場では同調圧力が強くなる傾向にあるようです。これらは,人や思想に対する好ましくない「色わけ」につながりかねません。
 そのような固定化された見方ではなく,こうも見える,こうかも知れないといった,将来への『多様な可能性』を見いだせる曖昧さのある余地(状態)を残しておく行為もまた,ことづくり生活なのです。当財団ではその姿勢を,アイデアや行動力を活かすための【『も』の姿勢】や【未来志向】と呼んでいます。

 当財団が行う企画活動等では,敢えて曖昧な状態づくりに心がけ緩やかな繋がりを意識するようにしています。そして,集まった人たちの中で共通了解を図りながら一致できる部分はそれを愉しみ,不一致な部分はとりあえず置いておくという考え方をします。つまり明確さを確定させず意図的に曖昧さをつくるという「わかりにくさ」も同居させた活動をしています。

 とはいえ焦点化のために領域設定は必要です。当財団で行う3つのスタイルには以下の明確な主題設定をしています。

 ・ゆかいスタイル   もうひとつの日常というかたち(自分時間)
 ・まなびあいスタイル 多様な表現が出会い繋がるかたち(多様性)
 ・ともにスタイル   人や社会や自然に優しいかたち(循環・包括性)

 それぞれのテーマに沿った仕掛けを工夫した場を提供しております。そしてこれらが統括できる「ことづくり生活研究会」を発足させました。

 ここでの基本的な考え方は酵素(エンザイム)的支援です。多様な意味や価値を考えるきっかけを提供したり分解・合成や転換などを手助けしたりします。栽培を例にすれば,潤沢な肥料だけでは健康的な成長を促進しません。肥料と植物成長のあいだをつなぐ役割に目を向け,人と成長との共通項から考えられる酵素的な役割の在り方を「ことづくり生活」として研究・提供します。

H.E.S.O.思考

ことづくり生活の基本となるH.E.S.O.思考(へそ思考)とは,私たちの身の回りにあるコト(考えるコト,起こるコト,根拠となるコト)をそれぞれ【こころ・出来事・仕組み】という3領域に大胆に分け,分析的に見つめながら『じぶんらしい暮らしのかたちをつくる』ために考案した思考法です。

 『自分らしさ』については様々な見方・考え方がありますが,当財団では自分らしさはどこかにあるのではなく,常に自分の中にあると考えます。そこに向き合う姿勢づくりは口で言うほど簡単ではありません。好きな自分ならともかく嫌な自分とも向き合う必要があるからです。
 そこで活かして欲しいのは,ことづくり生活において必要な姿勢である「みつめて・ひきだし・たかめて・みまもる」こと。これらの姿勢を手助けするのが,意味や価値を探るための思考内容に一定の具体的水準を提供するH.E.S.O.思考です。

 このH.E.S.O.思考は幾つかの考えるきっかけを提供しますが,ひとつの絶対的な回答を示してはくれません。ひとつの意味や価値は常に上記の3領域から構成されているという立場を取ります。本質的な領域は抽象的な概念となるためにひとつに集約可能ですが,具体を伴う領域は「人それぞれ」の解釈によって求めたい答えは変わりますし,また違っても良いと考えるからです。

 もう少しH.E.S.O.思考(へそ思考)についてお知りになりたい方は,以下をご覧ください。

  【H.E.S.O.思考】財団公式ブログより

かたちづくりに向けて

ことづくり生活の基本となるH.E.S.O.思考を用いて様々な意味や価値を見つめると,「かたちをあらわす」にはいくつかの方法があると理解できます。

  【かたちのあらわれ】財団公式ブログより

 私たちは普段からこういった【状態】を自覚した活動を行ってはいませんが,たまにはこのような具体性のある考えに触れると,自分の得意や不得意,要求や期待などがどこに向いているのかを明確に,そしてリアルに確認しやすくなります。
 一方で曖昧さは心を豊かにします。曖昧さとは,とらえどころがない不確定要素が多い状態だからこそ想像力をかき立てて,私たちの世界をリッチにしてくれます。今の自分がどのようなかたちに向いているかを理解するためにも,この明確さと曖昧さを共に活かせる「あいだ」を探りつつバランスを取る必要があるのです。

 当財団は支援に徹するというささやかなコミュニティのかたちを形成しております。このコミュニティに求めるかたちとは単に賑やかさや華やかさや共通の目的だけではなく,目的の合否に関わらず静かにゆったりと過ごしたい想いをおもちの方もいらっしゃいます。換言すれば「適度に放置してもらえる環境」となるかも知れません。
 我が子の泣き声が気になり出かけにくい人や男性の大声が怖い人,ひとつの造形教室に通うのも楽しいけどもう少しおしゃべりを愉しみたい人など,遠慮がちで既存の環境に溶け込みにくさをお感じの人にも安心してお過ごし頂ける環境(かたち)づくりをしています。

支援を求めています

当財団のH.E.S.O.思考は,曖昧さや不確定さがわき起こった際の考えに一定の幅と明確さを与えます。それは明確さの中においてどこにこだわるのか,どこを曖昧にしておくのが望ましいかを意図的に考えるためです。このような哲学的思考(現象学的思考)の一時保留(エポケー)をするためには,どこを保留するかを具体的に把握しておく必要があるからです。

 このような考え方は,多様性のあるダイバーシティ社会や包括性のあるインクルーシブ社会などを意識した生涯教育においてとても重要だと理解されても,施設維持や長期的広範囲な活動に向けた収益性については残念ながら難しいのが現状です。

 当然ながら同価値の集まるコミュニティも良さがあるのですが,悩みを抱える現代人の駆け込み寺的でもあり価値観が異なっても本質を見つめて共通了解を探りながら緩やかにつながっているコミュニティが,これからの社会にはますます必要となってくると考えております。

 このような考えの場を維持し深めていくためにも,趣旨にご賛同くださる方の賛同表明や支援(寄附行為)をお待ちしております。ご賛同くださる方は,法人・団体・個人を問いません。事務局までご一報くだされば詳細をご説明致します。

 また,ご希望があれば,ことづくり生活やH.E.S.O.思考,企業・団体の専門職能教育に美術教育を応用するセミナー等の講演依頼も受け付けております。

  【まなびあいセミナー】財団HPより

まとめとして

簡単ではありますが,以上が当財団の概要と事業の方向性となります。

 近年「コト消費」という物質的消費よりも体験的消費や提供サービス等に活用される言葉が登場しており,これらはビジネス手法としての1業態を示しています。ことばをどのように用いても,コトの本質とは私たちが日々生活を送る過程であり,ささやかな日常や毎日の時間経過であり,私たちの世界そのものでもあります。
 そういった何気ない日常の中で,二項対立のどちらかを選択強要されたり何らかのかたちで「絶対」として押しつけられたりする,外圧的な意味や価値を飲み込むだけでは多様な社会は維持できません。本質的な「こと」を見つめアイデアと行動力を活かした内部発生的な自分なりのかたちを自覚し,他者のかたちを否定しない姿勢づくりは新たな文化づくりでもあり,その振興はこれからの社会にとって喫緊の課題であろうと思われます。
 そのための思考方法や実践のかたちを,日本で最も小さな讃岐から提案・発信し続けられるようにこれからも努めて参ります。

 今後ともどうぞよろしくお願いします。

一般財団法人さぬき生活文化振興財団 代表理事:多田