ことをつくる暮らし

事務局より

「ことづくりという哲学的対話」毎月第一日曜 13:30〜14:30
※ へそ思考セミナー・美術による専門職能研修等の依頼も受付中

「ことづくり生活」とは

日々の暮らしの中で人やモノ,考え方などを交流させる際に閃いた様々な思いつきを実際にやってみる生活の総称です。

本図はへそ思考で捉えた筆者の視点による構造であり,普遍的な「正解」を示していません。明日には変わっているかも。。人それぞれに当てはめてみて妥当性を図りつつ未来志向を図る姿勢とは言葉で言うほど簡単ではなく,「答えは必ず明らかに出来る」という前提に縛られた人にはなかなか理解できない部分ですが,ぜひみなさんもいろいろ考えてみてください。
 

暮らしのつくりかた

選択させられるより,選択肢をつくる暮らしかた

・答えは自分でつくるから面白い
・趣味や特技を活かした自由研究のススメ

人生は選択の連続であると言われます。確かに,いろんな道を選択せずに好きなだけ進むことは大変困難でしょう。苦手な分野や嫌な仕事などをしなくてはいけない機会も結構あります。その選択時に人から与えられた選択肢から選ぶのではなく選択肢そのものをつくりだす暮らしかたを行うと,自分で考える手間や面倒くささはありますが多様な価値観を柔軟に包括できる心豊かな器が育つのではないでしょうか。そのためには「ことづくり」に取り組む積極的な態度が必要です。趣味や特技を活かし,自分なりの答えをつくって,楽しみながらそのクオリティを高める暮らしかたを,ことラボでは推奨したいと考えます。
 


1. 手間をかけて丁寧に

・敢えて不便にして豊かさを味わう
・プロセスを重視して,寄り道を楽しむ

 


2. 思いつきをやってみる

・おひとりさまで
・グループで(プチ企画支援)

 


3. 具体的につくりだす活動を

・菜園活動や造形活動
・その他の活動

 


※ 本サイトの記載内容について:
「ことづくり生活」「へそ思考」,モノやコトの分析などは,ことづくり生活研究会 主宰者 多田の独自研究であり,内容の一部を公式ブログや学会研究発表等で公開しておりますが,書籍等を発行するには至っておりません。より良い暮らしのかたちを志向するひとつの思考法として,主に心理学や教育学,哲学などを参考にしながら,日々実践と研鑽に取り組んでおります。お問い合わせ,ご意見,ご助言等は事務局までお寄せ頂ければ幸いです。